本文へ移動

競売代行

競売代行とは

最近よく、『競売代行』という言葉を耳にします。どういったものか、なんとなく分かるけど普通の不動産売買とどのように違うのか、よく分からないという人が多いのではありませんか?当社では普通の不動産仲介はもちろん、競売代行業務も行っております。そこで、どういった内容で、どのようなメリット、デメリットがあるかご説明させていただきます。

競売とは?

そもそも、競売とはどういったものかというと、借入金の返済ができなくなった方が、借入金の担保として提供していた土地や建物などの不動産を債権者が換価して債権の満足を図ることを裁判所に申し立て、その結果裁判所が売却にかける不動産を競売物件といい、その不動産を購入希望者が入札し、最高価で落札するシステムのことを『競売』といいます。

競売のメリット

市場価格よりも、20〜30%、場合によっては40%程安く購入できます。上手くいけば、希望予算内でワンランク上の物件も購入可能です。

競売のデメリット

どんな手続きも自分でしなければなりません
 
物件の内覧ができません。物件の説明などもありません。(裁判所内のファイルで確認するのみです)
一般の素人の方だと、たとえ入札しても落札額の目安がつけにくいので、落札できないことが多いです。また、高額にしすぎて失敗するケースもあります。
権利関係が複雑な場合、事務手続きが煩雑になってしまいます。

落札後の手続き(立退き、明渡し)

上手く落札できたとしても、立退き・明渡し交渉を個人でしなければなりません。こじれる場合は、立退き料の請求、強制執行など費用がかかる場合があります。

建物の修理費用は買受人の負担です

競売物件の中には、そのまま何もせずに入居できる物件もあれば、修繕費用が100万円以上かかる物件も少なくありません。また、基本的には代金を全額納付した後でなければ物件内には入れません。

これらの不安を解消するには?

以上のことを踏まえると、競売とは確かに一般に流通している物件よりも安く購入することはできますが、専門の知識が無ければ大きな失敗をしかねないということが分かります。そのため、素人の方が自分の家を取得するために自分ひとりで行うにはあまりにもリスクがあります。当社は、競売代行のエージェント(代理人)として、豊富な経験を生かし、物件調査、入札から、立退き、ご入居まですべてを一連の業務として行っております。物件調査は無料です。ご関心のある方は、お気軽にご連絡下さい。競売は、失敗すると大きなリスクを背負いかねないものですが、中身をよく知り、専門の知識をもったエージェントに頼り、すすめることによって、市場価格よりも安い価格で不動産を購入できるシステムです。気になる方はお電話下さい。

株式会社
アイディアルホームズ

〒036-8093
青森県弘前市大字

城東中央2丁目1-18
TEL.0172-88-5061
FAX.0172-88-5062


1.アパート仲介
2.売買仲介
3.高価買取
4.新築・リフォーム
5.テナント紹介
6.収益物件
7.競売代行


 
0
5
2
4
9
3
TOPへ戻る